【ハピタスの稼ぎ方】楽天市場のふるさと納税を利用で賢くポイントゲット

▼ハピタスはこちらからどうぞ▼

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

【ハピタス】お買い物することで貰えるポイントは少数

 

家計を握る主婦として、ポイントサイトは「ハピタス」をメインで利用しています。

 

ハピタスは、ネットショッピングで買い物をする時に、ハピタスのインターネットページを経由することで、ポイントがもらえるサイトです。

 

ユニクロやGU、資生堂のワタシプラスやランコムなど、提携サイトは数が多いのが特徴です。

 

ユニクロ、GUはネットでしか、XSサイズや160センチサイズが入手できなかったりするので、実はかなり使えるネットショッピングです。

 

ユニクロやGUも、店舗受取すれば送料も無料です。

 

しかし、結局のところ購入金額の〇%のポイントがつくだけです。

思ったよりも、ポイントがつかないと、口コミで悪く書かれていたりもします。

 

最高でもランコムの6%ですが、ランコム製品はマスカラもアイシャドウも高いです。

 

元々のお金持ちで、たくさんのお買い物で、お金を支払う人ほどポイントがもらえるのがわかります。

 

【ハピタス】楽天市場のふるさと納税でお買い物しよう

 

我が家は、そこまでお金持ちではないので「楽天市場」の1%を「ある方法」で利用することで、得しています。

 

それが「楽天市場のふるさと納税」を、ポイントが高い時に申込む方法です。

 

楽天市場では、お買い物マラソン楽天スーパーセールがあり、そのタイミングでお買い物をするのが一般常識です。

 

ミネラルウォーターやお米、薬などを買っています。

 

ふるさと納税とは、元手2000円で全国のフルーツやお米、肉、ジュースなどお取り寄せ商品がもらえる制度で寄付のひとつです。

 

寄付なので、年度末にまとめて確定申告をすることで、住民税などの税金が控除されて、節税ができるというものです。

 

結果として、実質2000円でお取り寄せが可能になります。

 

寄付申込時点では、ある程度の金額を払わなくてはいけないのですが、年度末の確定申告でお金が「かえってくる」のが魅力です。

 

これを、ハピタス経由で「楽天市場のふるさと納税」で利用しています。

 

【ハピタス】ふるさと納税と確定申告をうまく利用するのが決め手

 

 

楽天市場のふるさと納税サイト以外だと、「さとふる」「ふるなび」もあります。

 

ハピタスでは「さとふる」のふるさと納税サイトが、1.8%キャッシュバックなので、さとふるでもいいのですが、楽天スーパーポイントを貯めていることからも、楽天市場を利用がオススメです。

 

例えば、楽天市場内のふるさと納税で、5万円の寄付をしたとして、1%であれば500円ですね。

 

そして、確定申告をすることで実質2000円となります。

 

2000円で500円分のポイントゲットができると考えると、還元率はすごくないでしょうか。

 

【ハピタス】【楽天ポイント】【クレジットカード】のポイント3重取り

 

そして、クレジットカードで支払うことで、5万円分のお買い物をしているのと同じポイントがつきます。

 

楽天市場の、スーパーポイントもつきます。

 

つまるところ、

1.クレジットカードのポイント

2.楽天スーパーポイント

3.ハピタスポイント

の3つがつきます。

 

そしてふるさと納税では、確定申告で「お金が戻ってくる」

一度は支払ったお金が、確定申告で戻ってきます。

 

もちろん、ふるさと納税を利用する時に、楽天スーパーポイントがたまっていたら、金額の一部にポイントを使うこともできます。

 

高額商品を買っているかのような雰囲気なのに、確定申告で大きなキャッシュバックがあることがメリットです。

 

「実質2000円」のからくりを知ると、大金のもちあわせがない庶民にも、利用できるポイントです。

 

もちろん、楽天市場での普通のお買い物も、ポイントとして1%つくので、100円で1円、200円で2円です。

 

この時、楽天市場の楽天スーパーポイントも、クレジットカードポイントも同時につき、ポイント3重取りなのはふるさと納税と同じです。

 

ドラッグストアや大型ショッピングセンターで買うよりも商品が多く、ポイント還元率もよかったりします。

 

そのため、ありとあらゆる楽天市場のお買い物を、ハピタス経由でしています。

 

▼ハピタスはこちらからどうぞ▼

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス